スキップしてメイン コンテンツに移動

エンドレス・スペース(Endless Space)



宇宙が舞台の4Xストラテジー。すでに発売されてから4年以上が経過し、第二弾も2016年に発売されている。

残念ながら、日本語版は無いので、有志による日本語化が存在するのみである。日本語化は、手順が多く手間がかかるが完成度が高い。(日本語化のお陰でしっかりプレイができた)

ゲームの内容としては、同じく宇宙が舞台のストラテジーのBeyond Earthは、同じ星の中で戦争をするタイプだが、Endless Space は、星系単位で戦争を行う。
最近のストラテジーといえば、Beyond Earth(Civilization)に類似したタイプが多いので、とても貴重だと思う。

気に入っている部分は、宇宙戦艦を増やし、兵器を強化するだけではなく、内政やテクノロジーを強化・開発し、並行して軍を増強していく点や、勝利条件が銀河の統一だけではない点。

少し残念な点は、ゲーム自体は面白いのに、達成感が薄い点。理由は、長時間プレイすると理解してもらえると思う。


【プレイ動画】


まずは、どの国で始めるか決定する

つぎに、銀河の大きさなどの設定を詳細に決められる

選んだ国ごとに、オープニングが用意されているが、日本語化しても英語である

はじめは、たった1つの星系からスタートする。隣接する星系に探査船を飛ばし、住居が可能ならば、移住を行う。

星系には最低1つ以上の星または、小惑星が存在する。住居不可能な星は、住居可能にするテクノロジーを研究する事で移住が可能になる。研究をすすめるとテラフォームも可能になる。

テクノロジーツリーを全て網羅するのは時間がかかる。何を選ぶかはプレイスタイル次第。

他国と隣接し、初めてのコンタクト!

外交関係はこのように表示される。(まだ1か国しか遭遇していない状態)



[公式サイト]
Endless Space オフィシャルサイト

© SEGA



以下のバナーから安く購入が可能ですが、シリアルキー販売なのでご利用は自己責任で








コメント

このブログの人気の投稿

ファクトリオ(Factorio)

新技術を開発しながら工場を効率よく自動化していくゲーム。マインクラフトのレッドストーン回路で自動化にはまった人におすすめ!
最初は他のサンドボックス系やサバイバル系のゲームと同様、手動で素材を集める。同ジャンルの他のゲームとの違いは、素材の採掘から生産までをできる限り自動化させ、さらには効率化していく。
発展していくと、原住生物(虫みたいなやつら)からの攻撃があるので、最初は自分だけでも撃退できるが、だんだん攻撃の規模が大きくなるので、防衛施設を作り常時防衛できるようにしていく。そうなると、弾薬も安定供給しなくてはいけないので、その生産ラインも必要になる。
工場はどんどん大規模化していき、それを管理していかなくてはならない。気づけば数時間が経過していることになる。

シンプルだが、良くできたゲームだが、まだアーリーアクセス中との事。割引はしない方針らしいので、興味のある方はデモ版もあるのでお試しあれ!


【プレイ動画】



まずはキャンペーンで基本的な事を覚えよう!

このような荒地に放り出される。左上に説明が表示されるので(キャンペーンの場合)まずはその通りに進めてみよう!

キャンペーンをすすめると電気の使い方も理解できる。これはかなり重要なポイント!

開発が進むと、原住生物からの攻撃もあるので、防衛施設を設置する必要がある


[公式サイト]
Factorio オフィシャルサイト

© Wube Software LTD.





ダーケストダンジョン(Darkest Dungeon)

ダークファンタジー系の2D横スクロールRPG。難易度の高いと評判のゲーム。グラフィックや音楽も良い雰囲気を出しており、ついつい遊んでしまう。

このゲームの特徴として、ストレスという要素があり、このストレスが溜まると、キャラクターに悪いステータスが付き冒険に弊害がでる。(良いステータスが付く場合もある)体力だけではなく、ストレスの管理も重要になる。

基本的に、クエストの条件を満たし、ダンジョン等から帰ってくるというのを繰り返す事になる。無理してクエスト終了後も探索していない場所に行くために冒険を継続する事もできるが、無理をすると壊滅する可能性が高い。序盤はクエスト達成もギリギリなので、素直に帰ってきて、次の冒険に言ったほうが確実。

まずは、慣れる事と、お気に入りのメンバーをじっくり育てながら、使い捨てのメンバーでどんどんクエストをこなし、町を充実させていこう。

このゲーム、正式には日本語版はないが、非公式ではあるが、有難い事に有志による日本語化がされている。この日本語化が無ければ、面白いと思えるところまでたどり着けなかったと思う。


【プレイ動画】


初めて&最初からプレイする時、チュートリアルのストーリーが始まる

チュートリアルなのにキャラクターが死んでしまいました・・・が!勝利!?(笑)

とりあえず、馬車でパーティーメンバーを集める。最初はどんどん死んでしまうと思うので、雇える時はどんどん雇ってしまって良いと思う

4人のメンバーでパーティーが組まれる。前衛じゃないと攻撃できないキャラクターや逆に後衛じゃないと役に立たないキャラクターがいるので並べ方に注意!とはいえ並び順変えられてしまったり色々とアクシデントがある。

クエストの目標を達成すると報酬がもらえるので、無理して残りの部屋を探索する必要はないと思う。が・・・宝箱とかありそうでついつい・・・そして全滅はよくある事

最初は、確実にクエストを終わらせて、報酬をもらう用にし、街の施設を充実させていきたい



[公式サイト]
Darkest Dungeon オフィシャルサイト

© Red Hook Studios



以下のバナーから安く購入が可能ですが、シリアルキー販売なのでご利用は自己責任で








ウォルセン:ロード・オブ・メイヘム(Wolcen: Lords of Mayhem)

現在アーリーアクセス中の、ファンタジー系のハックアンドスラッシュ。グラフィックが綺麗で、キャラクターエディットで職業の選択が無く、スキルツリーから選んでいく事により、キャラクターに特徴を付けていくシステム。
キャラクターエディットは、そこそこ詳細に設定できるのと、太めから、化け物のような変な体型まで設定が可能。もちろんナイスバディも作れる。
他に、ハウジングのようなシステムもあり、DiabloやPoEなど、同じジャンルの名作が多いので、特徴を付けるために頑張っている事が理解できる。
しかし、現状クライアントがクラッシュする事が多く、その度にやり直しになる。この点が解決されれば、おすすめできる作品だ。
現在、日本語は対応されておらず、クライアントが安定してないので、有志による日本語化は期待できないと思う。
とはいえ、色々な問題を解決し、正式版として完成する事を期待している。


【プレイ動画】


キャラクターエディットは、ナイスバディのキャラクターも作れるが、このようなだらしない体型も可能。男性の髪型にバーコードヘアーもあった

グラフィックはとても綺麗!

適当にプレイしていると、囲まれて簡単に倒される。特に装備のそろっていない初期は注意!

スキルは、PoEのような全体が大きなスキルツリーから選択するシステム。ちなみに、PoEやDiabloと違い、職業がないのでスキルツリーで職業を決めていくイメージ



[公式サイト]
Wolcen: Lords of Mayhem オフィシャルサイト

© WOLCEN Studio